スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    高妻容一

    0

      test


      ポンピュン走法 川本和久氏

      0

        陸上界のカリスマと称される川本氏を紹介。

         

        ポンと弾んでピュンと足をスイングさせれば、スプリンターもチビッコも必ず足が速くなるとしてポンピュン走法を広めた。

         

        川本氏は、リロイ・バレル、カール・ルイスを輩出したヒューストン大学でトム・テレツのもとで学んだ。

         

        トム・テレツは、陸上界では知らない人がいないほどの名コーチであり、1991年世界陸上競技選手権大会(東京)では、アメリカ代表のヘッドコーチを務めたほどの人物である。

         

        そんなテレツ氏に学んだだけあって、教え子もカールルイスばりの綺麗で無駄のない走法といえる。

         

        トム・テレツとカールルイスの動画

         

        教え子の池田久美子選手

         

        こちらは400メートルの日本記録保持者である丹野麻美選手

         

        1957年、佐賀県生まれ。筑波大学卒業、同大学院修了(コーチ学専攻)。小学校講師などをへて、84年、福島大学教育学部に助手として勤務し、陸上競技部監督に就任。91年、文部省(当時)の在外研究員として1年間、カナダと米国に留学。カール・ルイスのコーチ、トム・テレツに学ぶ。走り幅跳びの日本記録保持者である井村(旧姓・池田)久美子選手、400メートルの日本記録保持者である千葉(旧姓・丹野)麻美選手など、地方の国立大学から日本記録保持者とオリンピック・世界陸上出場選手を多数育て上げ、陸上界のカリスマと称されている。(amazonより引用)

        足が速くなる「ポンピュン走法」DVDブック(DVD付き)

        福島大学陸上部の「速い走り」が身につく本―あらゆるスポーツに応用できる「川本理論」のすべて

        2時間で足が速くなる!―日本記録を量産する新走法 ポン・ピュン・ランの秘密

        【キラキラ輝くハッピー子育て塾】 子どもの足が2時間で速くなる! 魔法のポン・ピュン・ラン♪


        ゴルファーのメンタルトレーニング

        0

          ゴルフはメンタルのスポーツといえる。


          一緒にラウンドする選手の影響も少なからずあるが、個人スポーツであり、自然との戦いもあるが、自分の選択や技術がもろに反映されるスポーツである。


          メンタルトレーニングというのはゴルフにとって欠かせない要素であり、特にトップのなかトップになるためには不可欠である。


          ゴルファーたちがいかにしてメンタルを鍛えているかについて書籍を紹介したい。


          ○フィル・ミケルソン 「1打1打を評価しつつゴールを置き換える」

          「1打1打を評価しつつゴールを置き換えるという博士のアイデアは、わたしにとってとても大事なヒントになったのです。ラードン博士が考案したメソッドは、みなさんのゴルフにとても役立つシンプルな手法です。ゴルフをしているとき、頭のなかに浮かんでくるいろいろな思考を、どうやって整理し、プレーに役立てていくか。その答えは、この本にあります。考え方を変え、自信を高めることで、スコアアップできるのです。さあ、試してみてください」

          ゴルフ メンタルゲームに勝つ方法

          新品価格
          ¥1,836から
          (2017/6/20 00:19時点)

           ○タイガー・ウッズ


          タイガー・ウッズは、ミスショットした後、次のショットに向かうまでの歩き始めの10歩で気持ちを切り替えることができるトレーニングをしている。


          タイガー・ウッズのスーパーキャディが明かすゾーンメンタルトレーニング―潜在能力を極限まで引き出す「心」のつくり方

          新品価格
          ¥1,404から
          (2017/6/20 00:24時点)

          タイガーが「ゾーン」と呼ぶ、肉体的、精神的限界を越えた領域でプレーするためのメンタルトレーニング法を、タイガーを間近で見守る名キャディが初めて明かす。

          タイガー・ウッズの強い思考~ビジネスにも効く! 驚異のメンタル術~

          新品価格
          ¥6,223から
          (2017/6/20 00:25時点)

          輝かしい実績を残してきたタイガー・ウッズ。たぐいまれな身体能力とともに、超人的な精神力の持ち主でもある。本書は、タイガーの強靱な精神力が、いかに生み出され、コントロールされているかを探る。


          ロンジン

          0

            全仏オープン支えるロンジンの誇り。
            テニスを通して世界の子供達に夢を!


            http://number.bunshun.jp/articles/-/825843?page=4

            bjリーグ 「健康」をテーマにした新しい地域活性化モデルを開始

            0
              プロバスケットボールのbjリーグが新たな試みを開始する。

              「健康」をテーマとした地域活性化モデルを構築し、全国に展開していくという。

              プロ野球を反面教師としたJリーグは地域密着をうたい21年を経過した。

              Jリーグが投げかけたテーマ「地域密着」は、プロ野球にも一石を投じ、日本ハムや楽天、西武など地域を意識するチームが登場した。

              逆に、あえて日本ならではの企業が支えるスポーツを貫く、ラグビーやバレーボールもある。

              本当に地域密着ができているかといえば、地域・地元企業におんぶに抱っこというチームも少なくはない。

              そんななか地域密着をうたい、Jリーグのように地元の大企業からスポンサードを受けるわけでもなく、中小企業を中心にスポンサードを受けているbjリーグがこのような試みをスタートさせた意義は大きい。

              本当の意味で地域密着を目指すのであれば、地域・地元の発展に、プロチームが貢献することを意識していかなくてはならない。

              地域住民と触れ合っていれば地域密着なのではない。

              スポーツは人を元気にさせる力がある。

              地域をいかに元気にさせるか、地域からの応援にいかに還元させることができるか、本気で考えて行動する必要があるのだ。


              ----------------------------------------------------------------------
              bjリーグでは、地方都市における新たな地域活性化モデルの構築を目指し、様々な企業と「健康」を軸とした地域活性化事業を行う「一般社団法人 地域活性化・健康事業コンソーシアム」を設立。


              この度、新潟県長岡市が推進する「多世代健康まちづくり」プロジェクトに参画します。11月1日から本格稼働する長岡市での取り組みを契機に、地方都市における地域活性化の新たな事業モデルを確立し、全国に展開していきます。

              【経緯】

              現在、中心市街地の空洞化、人口減少・少子高齢化と全国の多くの地方都市において社会環境が急激に変化しております。bjリーグでは、プロスポーツリーグである社会的な意義として地域への貢献や活性化に取り組むためのモデル事業を模索していました。

              その中で、バスケットの特性である
              1 コンパクトなハード
              2 低予算な事業形態
              3 ポリバレントな活用ができるアリーナ
              の3点が上記の社会問題にアプローチできると考え、プロリーグとして活動する中で関係を築いてきた企業様と2010年9月に慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の中に「次世代コンテンツ研究ラボコンソーシアム」を設立。

              研究会の中で、中心市街地のまちづくりを進めている長岡市がオブザーバーとして参加し、研究会内に「長岡多世代健康事業モデル研究会」を2013年9月に立ち上げました。長岡市でのフィールドワークやタウンミーティングなどを実施しレポートを提出。「多世代健康まちづくり」プロジェクトが立ち上がりました。

              取り組みの第一弾は長岡市が目指す「多世代健康まちづくり」において、一般社団法人 地域活性化・健康事業コンソーシアムから同テーマに強みを持つbjリーグと株式会社タニタが参加し、ソフト開発を進めてまいります。今後は、長岡市でのプロジェクトで得た経験をもとに、それぞれの地域にカスタマイズしながらスポーツを通した地域の活性化事業を全国的に展開していきます。

              以下省略

              引用元:bjリーグ
              http://bjleague.livedoor.biz/archives/51958076.html


              -----------------------------------------------------------------

              ワールドカップでの漢字広告「中国・英利」

              0


                今日でいよいよベスト4が出揃ったFIFA ワールドカップ ブラジル大会。

                みなさんは上の写真にあるピッチ広告を気になっていないだろうか。

                「中国・英利」

                アジアカップならまだしも、ここは世界30億人以上が観戦するといわれるワールドカップで、漢字広告に違和感を感じてします。

                マクドナルドを挟んで、「YINGLI SOLAR」と表示されている広告もこの「中国・英利」のブランド。

                「SOLAR」とつくので、太陽光関係ということは想像がつくと思うが、これはニューヨーク証券取引所にも上場しているインリー・グリーンエナジー社の広告である。

                どこかで見たことがあるという人もいると思うが、インリー・グリーンエナジー社は今回のブラジル大会だけではなく、前回の南アフリカ大会でもオフィシャルスポンサーに名前を連ねている。

                当社のウェブサイトによると、インリー・グリーンエナジー社は、太陽光モジュールのリーディングカンパニーであり、世界で一番大きい垂直統合型の生産工程を実現したモジュールメーカーということ。

                インリー・ソーラーというブランドで、ドイツ、スペイン、イタリア、ギリシャ、フランス、韓国、中国、日本、オーストラリア、米国などの市場で、高品質なモジュールの販売を行っている。

                聖地・マラカナン・スタジアムとアレナ・ペルナンブーコの会場で、この会社の太陽光モジュールが設置されているとのこと。


                インリー・グリーンエナジー社は、バイエルンFCのPREMIUM PARTNERでもある。

                http://www.yinglisolar.com/jp/about/





                JUGEMテーマ:ワールドカップ2014/ブラジルW杯

                歴史の浅さ

                0
                  JUGEMテーマ:日本代表
                  FIFAワールドカップ2014は、いよいよ決勝トーナメントがスタートした。

                  日本国内では、日本代表のグループリーグ敗退を受け、ワールドカップもすでに終了したかのような雰囲気だ。

                  1分2敗というなんともモヤモヤ感だけが残ってしまった結果に、世間の話題にすらのぼっていない感じだ。

                  選手も含めて日本国民すべてが「こんなはずではなかった・・・」という感じだろう。

                  特に、本田や長友は28歳と選手としてはピークともいえる年齢で向かえたワールドカップ。

                  ふたりとも堂々と優勝を公言し、集大成として望んだ大会であった。

                  日本国民の誰一人として優勝ができるとは思っていないと思うが、ミランやインテルに所属する彼ら自身が本気で優勝を狙っている姿勢に対して、「何を非現実的なことを言ってるんだ」とか「バカげている」とかの批判も起こってはいないかった。

                  しかし、残念ながら結果からだけいうと、「非現実的なこと」だったのであり、「バカげた」言動だったと言える。

                  現時点では、である。


                  日本は今大会が1998年フランス大会から5大会連続出場の5回目の出場である。

                  しかし、私が感じるところ、初めて本当に参加したワールドカップと言ってもいいのではないかと思っている。

                  結果は非常に残酷なものであった。

                  しかし、自分たちのサッカーを4年間追及し、日本人に合ったパスサッカーのひとつのかたちをみつけた。

                  ザッケローニという日本人受けのいい、しかもヨーロッパで実績のある監督も招聘できた。

                  ヨーロッパの主要リーグでチームに貢献する、中心となる選手が出てきている。

                  4年間で日本というサッカーを作り上げ、それを真正面から本番の大会でぶつけることができた。

                  客観的にみると1%もない優勝の可能性だったかもしれないが、初めて優勝を意識した大会であった。

                  そして通用しなかった。

                  協会、Jリーグ、メディア、スポンサー、あらゆる世代の指導者・コーチ、日ごろから熱狂的にJリーグを応援するサポーター、そして日本代表戦しか見ない国民、すべてにおいて歴史が浅かったといえるのである。

                  我々日本人は真面目がとりえだ。

                  反省を次に生かすことができる国民である。


                  何十年度、もしかしたら百年以上先のこともかもしれないが、もし日本がいつの日にかワールドカップ決勝の舞台に立った時、間違いなく今回のブラジル大会がその歴史のスタート地点であり、本田や長友が歴史上の人物となる。

                  間違っても、これからワールドカップに出場する監督や選手が優勝を目指すを妨げてはいけない。




                   

                  バスケ 変革の1年を終えて

                  0
                    今、まさにバスケットボールはシーズンのクライマックス。

                    NBAはカンファレンス決勝が行われており、ファイナルが始まる。

                    日本国内は先週でNBLもbjもチャンピオンが決定した。

                    現在、日本国内では、プロバスケリーグがNBLとbjと2つ存在し、国際バスケットボール連盟が資格停止処分の可能性を示唆しているが、東京オリンピックまでどのような取り組みをし、強化をしていくかが、その後の日本バスケの将来を決めるといってもいいと思う。

                    残念ながら両者の歩み寄りは見えないものの、今期JBLから脱皮したNBLが、エンターテインメント性の高いbjに近づいた。

                    実は、日本国内にはNBLとbjを合わせると30ものバスケットボールチームが存在する。

                    今期からJ3が発足したJリーグの50チームには及ばないものの、意外と知られていない数字だ。

                    また日曜日に行われたbjのファイナルには1万人もの観客が有明で観戦した。

                    土曜日のセミファイナルには6,000人が訪れており、NBLのファイナルの3,000人を合わせると、この週末で約2万人がバスケ観戦したことになる。

                    これも意外と多く驚く数字だ。

                    結構盛り上がっているのである。

                    Jリーグがプロ化して20年。同時期にプロ化を検討していたバスケは、もう追いつくことができないであろう大きな差ができてしまった。

                    東京オリンピックを目標にバスケットボールの将来を本気で考えるときになっている。

                    昔は、部活といえば、野球・サッカー・バスケが人気を分け合ってきた。

                    しかし、おそらく今のバスケ部の少年たちは、野球・サッカーに比べ肩身の狭い思いをしているに違いない。

                    スポーツの将来は、いかに運動神経の良い少年をひきつけることができるかにかかっている。

                    メディアもほとんど関心を寄せないバスケに将来有望な人材が集まってくるだろうか。

                    大人の決断をすべきときだ。


                    【NBL】新リーグ1年目を終えて。新たな取り組みの成果は?

                     

                    五輪は続くよどこまでも

                    0
                      ソチ五輪は、そろそろ終盤に差し掛かる。

                      フィギュア団体の羽生の完璧なSPが日本に勢いをもたらすかと思われたが、翌日の浅田真央のトリプルアクセル失敗でつまづいた流れが、上村愛子、高梨沙羅、加藤と長島のスピードスターと、日本中がメダルを取ってほしいと願っていた選手にちょっとしたくるいを生じさせている感じだ。

                      羽生は金メダルを獲得したがチャンのミスにより棚ぼた的な感じが否めない。レジェンド葛西はあと50cmという僅差で悲願の金メダルを逃した。

                      浅田真央が作ったこの流れを、自らの力で乗り越え、最高のエンディングストーリーとすることができるかどうかは、SPの最初のトリプルアクセルにかかっている。

                      さて、今回の冬季オリンピック、各競技にメダル候補がいることや新種目があることから、見所の多いオリンピックとなっている。

                      フィギュア団体や女子ジャンプなど8種目が新設された。

                      特に女子ジャンプは競技の枠自体が増えたため、関係者にとっては悲願達成である。

                      残念ながら4位に終わった高梨沙羅もこれまでのパイオニアたちに感謝して飛びたいとコメントしている。

                      日本チームにとっては、男子フィギュアの金メダル、スノーボード種目で初のメダリスト誕生、お家芸といわれ続けて結果が出なかった複合の復活、ジャンプでの久々のメダリストは非常に明るい話題であった。

                      オリンピックというのは、選手以上にプレッシャーがかかっているのが、競技団体や競技関係者である。

                      4年間の強化方法について採点されることになり、その後の予算や優秀な人材の確保に大きく影響するのである。

                      男子フィギュアやスノーボードは今回の機会を十分に活かし、競技人口の増加を狙っていくべきである。

                      複合や男子ジャンプはある意味強化方法が成功している結果であり、次のオリンピックへのマイルストーンとするべきだ。

                      残念ながら期待されながらメダリストを輩出できなかった競技は、次のオリンピックへスター選手の育成・強化をすぐさまスタートする必要がある。

                      マイナーな競技でなかなか話題にならなかった競技は、まずはひとり世界に通用する選手を育成しなければならない。

                      五輪はどこまでも続く。

                      まずはタイで成功事例を  「Jリーグ提携国枠」を考える

                      0
                        J2札幌がベトナム代表FWレ・コン・ビンの退団を発表した。

                        報道によるとクラブ同士はに完全移籍合意していたようで、レ・コン・ビン本人の意思の問題だったようだ。

                        日本でも結構報道されていたし、ベトナム企業のスポンサー獲得やベトナムでJ2の試合が放送されるなど、インパクトがあっただけに残念である。

                        Jリーグは、来季より外国人選手枠に、新たに「Jリーグ提携国枠」を設ける。

                        現在は1名の「アジア枠」を含む最大2名の登録が認められている「条件付きの外国籍選手」の枠で、そこにJリーグがリーグ間提携を結ぶ東南アジアの5カ国(タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、カンボジア)の国籍を有す選手を最大で2名保有できる、という条項が新たに加えられる。

                        簡単にいうと、韓国以外のアジア選手をもう1名タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、カンボジアから選んで、Jリーグのアジア戦略に協力してくださいという制度である。

                        札幌のレ・コン・ビンの成功事例もあり、おそらくこの制度を利用するクラブもそれなりに出てくるはずだ。

                        有力な国はやはりタイになるだろう。

                        タイはすでに多くに日系企業が進出しており、スポンサーという面ではあまりメリットはないかもしれないが、選手のレベルはJ2・3では十分対応できる選手はいるようだ。

                        なんとタイリーグには、日本人選手が40人以上も在籍しており、タイリーグのレベルアップにも貢献している。

                        財政難に苦しむクラブは、提携国枠を利用して、海外からの資金を獲得することも十分に考えられる。



                        ■参考コラム
                        「Jリーグ提携国枠」とは何か?東南アジアの新たな可能性と抱える課題

                        Jとの関係が加速するタイサッカーの現状アジア戦略がもたらす日本への効果



                         

                        | 1/5PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << March 2018 >>

                        SPONSOR



                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM