スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    まずはタイで成功事例を  「Jリーグ提携国枠」を考える

    0
      J2札幌がベトナム代表FWレ・コン・ビンの退団を発表した。

      報道によるとクラブ同士はに完全移籍合意していたようで、レ・コン・ビン本人の意思の問題だったようだ。

      日本でも結構報道されていたし、ベトナム企業のスポンサー獲得やベトナムでJ2の試合が放送されるなど、インパクトがあっただけに残念である。

      Jリーグは、来季より外国人選手枠に、新たに「Jリーグ提携国枠」を設ける。

      現在は1名の「アジア枠」を含む最大2名の登録が認められている「条件付きの外国籍選手」の枠で、そこにJリーグがリーグ間提携を結ぶ東南アジアの5カ国(タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、カンボジア)の国籍を有す選手を最大で2名保有できる、という条項が新たに加えられる。

      簡単にいうと、韓国以外のアジア選手をもう1名タイ、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、カンボジアから選んで、Jリーグのアジア戦略に協力してくださいという制度である。

      札幌のレ・コン・ビンの成功事例もあり、おそらくこの制度を利用するクラブもそれなりに出てくるはずだ。

      有力な国はやはりタイになるだろう。

      タイはすでに多くに日系企業が進出しており、スポンサーという面ではあまりメリットはないかもしれないが、選手のレベルはJ2・3では十分対応できる選手はいるようだ。

      なんとタイリーグには、日本人選手が40人以上も在籍しており、タイリーグのレベルアップにも貢献している。

      財政難に苦しむクラブは、提携国枠を利用して、海外からの資金を獲得することも十分に考えられる。



      ■参考コラム
      「Jリーグ提携国枠」とは何か?東南アジアの新たな可能性と抱える課題

      Jとの関係が加速するタイサッカーの現状アジア戦略がもたらす日本への効果



       

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.07.10 Monday
        • -
        • 00:47
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        SPONSOR



        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM