スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    五輪は続くよどこまでも

    0
      ソチ五輪は、そろそろ終盤に差し掛かる。

      フィギュア団体の羽生の完璧なSPが日本に勢いをもたらすかと思われたが、翌日の浅田真央のトリプルアクセル失敗でつまづいた流れが、上村愛子、高梨沙羅、加藤と長島のスピードスターと、日本中がメダルを取ってほしいと願っていた選手にちょっとしたくるいを生じさせている感じだ。

      羽生は金メダルを獲得したがチャンのミスにより棚ぼた的な感じが否めない。レジェンド葛西はあと50cmという僅差で悲願の金メダルを逃した。

      浅田真央が作ったこの流れを、自らの力で乗り越え、最高のエンディングストーリーとすることができるかどうかは、SPの最初のトリプルアクセルにかかっている。

      さて、今回の冬季オリンピック、各競技にメダル候補がいることや新種目があることから、見所の多いオリンピックとなっている。

      フィギュア団体や女子ジャンプなど8種目が新設された。

      特に女子ジャンプは競技の枠自体が増えたため、関係者にとっては悲願達成である。

      残念ながら4位に終わった高梨沙羅もこれまでのパイオニアたちに感謝して飛びたいとコメントしている。

      日本チームにとっては、男子フィギュアの金メダル、スノーボード種目で初のメダリスト誕生、お家芸といわれ続けて結果が出なかった複合の復活、ジャンプでの久々のメダリストは非常に明るい話題であった。

      オリンピックというのは、選手以上にプレッシャーがかかっているのが、競技団体や競技関係者である。

      4年間の強化方法について採点されることになり、その後の予算や優秀な人材の確保に大きく影響するのである。

      男子フィギュアやスノーボードは今回の機会を十分に活かし、競技人口の増加を狙っていくべきである。

      複合や男子ジャンプはある意味強化方法が成功している結果であり、次のオリンピックへのマイルストーンとするべきだ。

      残念ながら期待されながらメダリストを輩出できなかった競技は、次のオリンピックへスター選手の育成・強化をすぐさまスタートする必要がある。

      マイナーな競技でなかなか話題にならなかった競技は、まずはひとり世界に通用する選手を育成しなければならない。

      五輪はどこまでも続く。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.07.10 Monday
        • -
        • 01:57
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        SPONSOR



        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM