スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    バスケ 変革の1年を終えて

    0
      今、まさにバスケットボールはシーズンのクライマックス。

      NBAはカンファレンス決勝が行われており、ファイナルが始まる。

      日本国内は先週でNBLもbjもチャンピオンが決定した。

      現在、日本国内では、プロバスケリーグがNBLとbjと2つ存在し、国際バスケットボール連盟が資格停止処分の可能性を示唆しているが、東京オリンピックまでどのような取り組みをし、強化をしていくかが、その後の日本バスケの将来を決めるといってもいいと思う。

      残念ながら両者の歩み寄りは見えないものの、今期JBLから脱皮したNBLが、エンターテインメント性の高いbjに近づいた。

      実は、日本国内にはNBLとbjを合わせると30ものバスケットボールチームが存在する。

      今期からJ3が発足したJリーグの50チームには及ばないものの、意外と知られていない数字だ。

      また日曜日に行われたbjのファイナルには1万人もの観客が有明で観戦した。

      土曜日のセミファイナルには6,000人が訪れており、NBLのファイナルの3,000人を合わせると、この週末で約2万人がバスケ観戦したことになる。

      これも意外と多く驚く数字だ。

      結構盛り上がっているのである。

      Jリーグがプロ化して20年。同時期にプロ化を検討していたバスケは、もう追いつくことができないであろう大きな差ができてしまった。

      東京オリンピックを目標にバスケットボールの将来を本気で考えるときになっている。

      昔は、部活といえば、野球・サッカー・バスケが人気を分け合ってきた。

      しかし、おそらく今のバスケ部の少年たちは、野球・サッカーに比べ肩身の狭い思いをしているに違いない。

      スポーツの将来は、いかに運動神経の良い少年をひきつけることができるかにかかっている。

      メディアもほとんど関心を寄せないバスケに将来有望な人材が集まってくるだろうか。

      大人の決断をすべきときだ。


      【NBL】新リーグ1年目を終えて。新たな取り組みの成果は?

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.07.10 Monday
        • -
        • 01:28
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>

        SPONSOR



        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM