スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.07.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ポンピュン走法 川本和久氏

    0

      陸上界のカリスマと称される川本氏を紹介。

       

      ポンと弾んでピュンと足をスイングさせれば、スプリンターもチビッコも必ず足が速くなるとしてポンピュン走法を広めた。

       

      川本氏は、リロイ・バレル、カール・ルイスを輩出したヒューストン大学でトム・テレツのもとで学んだ。

       

      トム・テレツは、陸上界では知らない人がいないほどの名コーチであり、1991年世界陸上競技選手権大会(東京)では、アメリカ代表のヘッドコーチを務めたほどの人物である。

       

      そんなテレツ氏に学んだだけあって、教え子もカールルイスばりの綺麗で無駄のない走法といえる。

       

      トム・テレツとカールルイスの動画

       

      教え子の池田久美子選手

       

      こちらは400メートルの日本記録保持者である丹野麻美選手

       

      1957年、佐賀県生まれ。筑波大学卒業、同大学院修了(コーチ学専攻)。小学校講師などをへて、84年、福島大学教育学部に助手として勤務し、陸上競技部監督に就任。91年、文部省(当時)の在外研究員として1年間、カナダと米国に留学。カール・ルイスのコーチ、トム・テレツに学ぶ。走り幅跳びの日本記録保持者である井村(旧姓・池田)久美子選手、400メートルの日本記録保持者である千葉(旧姓・丹野)麻美選手など、地方の国立大学から日本記録保持者とオリンピック・世界陸上出場選手を多数育て上げ、陸上界のカリスマと称されている。(amazonより引用)

      足が速くなる「ポンピュン走法」DVDブック(DVD付き)

      福島大学陸上部の「速い走り」が身につく本―あらゆるスポーツに応用できる「川本理論」のすべて

      2時間で足が速くなる!―日本記録を量産する新走法 ポン・ピュン・ランの秘密

      【キラキラ輝くハッピー子育て塾】 子どもの足が2時間で速くなる! 魔法のポン・ピュン・ラン♪


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.07.10 Monday
        • -
        • 20:13
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>

        SPONSOR



        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM